スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボール画像の導入(簡易説明版)





スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター X・Y
ジャンル : ゲーム

ポケモンの画像を入手する XYバージョン

 P.T.A.T.ではポケモンの画像を自由に設定して使用することができますが、デフォルトでは用意されていないので各自入手し、P.T.A.T.で使用できるようファイル名を変更する必要があります。
 画像ファイルをP.T.A.T.のpokeimageフォルダに入れることで、P.T.A.T.でポケモンのイメージを表示することができます。

 参考: P.T.A.T.で使用するポケモンのイメージのファイル名について

 以前は画像ファイルをダウンロードできるサイトを紹介し、ダウンロードしてきた画像を自動でリネーム(ファイル名変更)するbatファイルの使用方法を説明しましたが、今回はダウンロードからリネームまでを自動で行うbatファイルを作成したので、その使用方法を説明します。


 ○batファイル
 batファイルはP.T.A.T.のフォルダにある「画像を用意するためのいろいろ」フォルダの中の「第六世代用」フォルダに入っています。
 更新用20131129-1
 更新用20131129-2

 batファイルはダブルクリック等で実行することができますが、このままでは実行に必要なファイルが足りてないので用意する必要があります。
 実行に必要なファイルwget.exeは以下のURLから入手することができます。

 WGET: http://users.ugent.be/~bpuype/wget/
更新用20131129-3

 ダウンロードしたwget.exeをbatファイルと同じ場所に置くことで、batファイルを実行することができるようになります。


 batファイルを実行するとSerebii.netに保存されているポケモン画像のダウンロードが始まります。画像が保存される場所はbatファイルがある場所なので、batファイルを予めpokeimageフォルダの中などに移動させてから実行するといいでしょう。
 ダウンロードした先に同名のファイルが存在する場合は上書きするので、batファイルを実行するだけでサイトの最新の画像ファイルを入手することができます。

 batファイルは通常画像用とミニアイコン用の2つがありますが、2つ同時には起動せず、片方の処理が完了してからもう片方を実行するようにしてください。

 batファイルによってダウンロードされた画像はP.T.A.T.で使用できるファイル名にリネームされているので、pokeimageフォルダに入れることでP.T.A.T.で表示することができます。


   
   ポケットモンスター X     ポケットモンスター Y   


ニンテンドー3DS ポケモン X・Yスーパーミュージックコレクション

画像用バッチファイルの使い方動画

 特に編集を加えたりしてないてきとーな動画ですが、文字と図の説明でわからなかった人は参考にしてください。
 PNGファイルのみですが、GIFファイル編は撮る予定はありません。面倒くさい

 動画の最後にできたpokeimageフォルダをP.T.A.T.のフォルダのimagesフォルダの中に入れればP.T.A.T.で画像を表示するはずです。





 画面小さくて見づらいって人はYouTubeの方で見ることをオススメします。


 アマレココって便利ね。作者様大感謝です。(・ω・´*)
 デスクトップの動画キャプチャがこんなに簡単にできるなんて、なんで知らなかったんだろ( ゚д゚)

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

ポケモンの画像を入手する

 XYバージョンはこちら

 ・Pokécheck : http://www.pokecheck.org/
 ・veekun : http://veekun.com/

 以上のサイトからポケモンのイメージ(GIF、PNG形式)を入手することができます。
 これらのサイトから入手できるイメージファイルのファイル名を適切に変更してP.T.A.T.のpokeimageフォルダに入れることでP.T.A.T.でポケモンのイメージを表示することができます。

 まずはこちらに目を通してください。作業の意味がより理解できると思います。
 → P.T.A.T.で使用するポケモンのイメージのファイル名について

 ここではイメージファイルの入手方法と名前の変更の説明をします。


 ○各バッチファイルの説明
 ・xxxf.bat
 画像ファイルの図鑑番号の後に"f"を挿入する。
 ♂と♀で姿の異なるポケモンは♀用の画像が別に用意されており、♀の方に"f"を付けて区別している。Pokécheckの画像には既に"f"がついた状態でファイルが置いてあるので、Pokécheckの方で画像を拾ってきた場合は使用しなくてもよい。
 
 例)フシギバナ♀:3.png → 3f.png

 ・_0.GIF.bat
 拡張子がGIFのファイル名の図鑑番号が3桁?になるように先頭に"0"を追加する。
 拡張子がGIFのファイル名の拡張子の前に"_0"を挿入する。

 例)フシギバナ:3.gif → 003_0.gif
 例)ポワルン(晴):351-sunny.gif → 351-sunny_0.gif

 ・上のと似たその他
 _X.YYY.bat
 Xには数字(0, 2, 4)が、YYYには拡張子(GIF, PNG)が入る。
 YYYの拡張子のファイル名の図鑑番号が3桁?になるように先頭に"0"を追加する。
 YYYの拡張子のファイル名の拡張子の前に"_X"(Xは対応する数字)を挿入する。


 ※拡張子って何? そんなもの表示されてないんですけど!?って人は拡張子を表示する設定にしてから読んでください。
 Windows7で拡張子の表示をする設定方法


 PNGファイルの入手とファイル名変更の手順動画こちらから


 ○.GIFファイルの入手
 ・Pokécheck : http://sprites.pokecheck.org/

 更新用20120913-1

 リンク先は非常に重いので注意。
 ここにポケモンのGIFファイルがあります。右クリックから「画像を保存」でダウンロードできますが、1個1個ダウンロードするのは非常に手間ですね。
 firefoxというブラウザで利用できるDownThemAllというアドオンを利用して一気にダウンロードする方法があります。利用方法は各自調べてください。
 ダウンロードしたイメージファイルは通常色、色違い、ミニアイコンでフォルダごとに分けておきましょう。


 ○.PNGファイルの入手
 ・veekun : http://veekun.com/

 更新用20120913-2

 メニューのPokédexEtc.Downloadがあるのでクリック。

 更新用20120913-3

 Main Pokémon spritesにはポケモンのイメージファイルが世代ごとにまとめられているのでGeneration Vをダウンロードします。
 Othersにはポケモンのミニアイコンがあるのでこれもダウンロードします。


 更新用20120913-4

 圧縮ファイルを解凍するとこんな感じになっています。backフォルダにはポケモンの背後のイメージ、femaleフォルダには♂♀で姿の異なるポケモンの♀のイメージファイル、shinlyフォルダには色違いのポケモンのイメージがまとめられています。

 更新用20120913-5

 P.T.A.T.では背後のイメージを使わないのでbackフォルダは削除します。
 femaleフォルダとshinlyフォルダをこのフォルダ外に出します。

 femaleフォルダを開き、xxxf.batをフォルダの中に入れてからダブルクリックして実行します。

 更新用20120913-6

 ↑これが

 更新用20120913-7

 ↑こうなります。♀であることを示すfが図鑑番号の後につきました。これで♂のイメージファイルのフォルダにこの画像を入れても大丈夫なので、まとめてしまいましょう。

 更新用20120913-8

 shinlyフォルダ内、ミニアイコンでもfemaleフォルダで♀のイメージが別に分けられているので、同じ手順で色違い、ミニアイコンだけでまとめておきましょう。
 


 ○ファイル名変更

 更新用20120913-9

 通常色のイメージをまとめたフォルダには_0.GIF.batもしくは_0.PNG.batを入れてダブルクリックで実行します。フォルダの中身がPNGファイルなら_0.PNG.bat、GIFファイルなら_0.GIF.batを入れて実行してください。
 色違いのフォルダには_2.PNG.batか_2.GIF.bat、ミニアイコンのフォルダには_4.PNG.batか_4.GIF.batを入れて同様に実行してください。
 実行すると全てのイメージファイルの名前がP.T.A.T.で使用できる名前に変更が完了します。



 

 ポケットモンスターホワイト2 ポケットモンスターブラック2   ポケモン ブラック  ポケモン ホワイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

P.T.A.T.の使い方6 ~努力値をカウントしよう~

 << P.T.A.T.の使い方5 ~個体値判定をしよう~

 P.T.A.T.付属の努力値カウンタの使い方を説明します。

 努力値カウンタは以下のように4つのエリアに分けて説明します。

 カウンタ使い方01


 ①には努力値を振るポケモンの名前、性格、個体値、レベルと、そのポケモンに振る予定の努力値である目標努力値を入力します。
 最初に入力する場所で、それ以降は触ることはないでしょう。
 ①での設定は③に反映されます。

 ③には現在値と目標値の項目があり、それぞれ左から現在の(努力値を振る前の)ステータス実数値(白)と努力値(緑)、目標(振り終わったときの)ステータス実数値(白)と①で設定した目標(振り終わったときの)努力値(青)の数値が並んでいます。
 それぞれの実数値は①の個体値と性格、レベル、③の努力値から計算されたものが表示されます。

 ②では努力値を振るポケモンの持ち物やポケルスの有無、倒すポケモンの設定したり、道具を使って直接ポケモンに努力値を振るときの設定を行います。

 ④では②で設定した倒すポケモン、持ち物、ポケルスの有無から、実際に倒したときに得られる努力値を③に加算する操作や、努力値を振る過程でレベルが上がったときにポケモンのレベルの設定を変更したりする操作を行います。

 1匹のポケモンの努力値を振る操作の大まかな流れとしては、

1.①で努力値を振るポケモンの設定
2.②で道具による努力値加算
3.②で持ち物、ポケルスの有無、倒すポケモンの選択
4.③を確認しながら②で指定したポケモンを倒すたびに④の「Count Up」を押す。
5.③で対応する現在の努力値が目標努力値と一致したら3.に戻る。全ての努力値が一致したら終了。

となります。



 孵化したてのLv.1おくびょうヒトモシの例で実際の流れを紹介します。

 カウンタ使い方02

 ヒトモシの個体値、性格、レベルと目標努力値を入力しました。Hに4、CとSにそれぞれ252振るとします。
 AではDSの画面で見れるヒトモシのステータスを確認できます。
 Bではそのヒトモシに目標努力値を振り終わったときのステータスを確認できます。


 カウンタ使い方03

 まずは道具による努力値振りを行います。道具を使わない人は飛ばしてください。
 CとSの目標努力値が100を超えているので、リゾチウムとインドメタシンを使えるいっぱいいっぱいまで使用し努力値を振った場合は上のようになります。
 またHの努力値を100以上振る場合でかつタブンネを倒すことでレベル上げを行う場合、先にマックスアップを使って努力値振りを行わないと計算が狂う場合があるので注意してください。(タブンネを1匹倒してH努力値を振った後にマックスアップを限界まで使用したとき、マックスアップでは100までしか努力値を振れない、超えた分は切り捨てなので、振った努力値に勘違いが起きる可能性がある。他の努力値でも同様)

 この画面にある努力値調整の欄は、誤って努力値を入力したときに努力値を引いたり、リセットしたりすることができます。モードは下のラジオボタンで切り替えられます。


 カウンタ使い方04

 Hの努力値から振っていきます。倒すポケモンはタブンネを選択。ポケルスに感染しているので「ポケルス感染」にチェックを入れます。
 すると「加算努力値」の値が変化します。「Count Up」ボタンを押すとそのたびに「加算努力値」の値が現在の努力値に加算されるので、ここではタブンネを1匹倒すたびに「Count Up」ボタンを押すことになります。
 ポケモンを倒したときにレベルアップした場合、レベルアップするたびに「Lv. +1」ボタンを押します。

 タブンネを1匹倒したことでレベルが33まで上がったので、「Count Up」ボタンを1回と「Lv. +1」ボタンを必要な回数ボタンを押してLv.33にしました。
 DSの画面のヒトモシのステータスと比較して、違ってるところがあれば努力値振りがどこかで間違ったことがわかります。

 「Count Up」ボタンの左側にある数字はタイマーで、「Count Up」ボタンを押してからの秒数を数えます。上には過去2回分の履歴が残ります。
 履歴の秒数が余りにも短い場合は「Count Up」ボタンを間違えて連続で押してしまったと判断することができ、カウントのしすぎを防止することができます。
 もし連続でボタンを押してカウントのしすぎを起こしてしまった場合は「Undo」ボタンで2回まで前の努力値のカウントの状態に戻すことができます。

 また、タイマーは「Stop」ボタンを押したり、「努力値カウンタ」以外のページに移動したとき、タイマーが1分に達したときに自動で停止します。

 「Reset」ボタンは入力内容を全てリセットします。

 Hの現在の努力値がHの目標努力値と一致したので、他の部分の努力値振りに移行します。


 カウンタ使い方05

 Cの努力値を振るために倒すポケモンにヒトモシ・リグレーを選択し、持ち物をパワーレンズにしました。このときの「加算努力値」はCに10であることが確認できます。
 ヒトモシかリグレーを倒したときに「Count Up」ボタンを押します。振った努力値が目標努力値を超えないようにしましょう。
 ここでは250で止め、道具のちりょくのはねを2回使うか、パワーレンズを預かってからヒトモシかリグレーを1匹倒すことで残りの2を振ります。どちらをするかはお好みで。

 Sの努力値を振るのも同じ流れになるので省略。
 
 途中でポケモンが進化した場合はポケモン名を変更すればOKです。


 カウンタ使い方06


 努力値上げが終わったらレベルを上げながらステータスチェックです。DSの画面で確認できるステータスと現在値のステータスが一致しつづけたら努力値振り成功です。
 途中で数値が違ってきたら? 残念、どこかで間違えたようです。振り直しましょう。



 最後に倒すポケモン選択の画面で空白のテキストボックスの説明です。

 カウンタ使い方07

 上の6つのコンボボックスには「ソフト選択」で選んだソフトで努力値を振るときに主に倒すポケモンが各努力値の箇所ごとにまとめられています。
 それ以外のポケモンを倒すことで努力値を振りたい(カウントしたい)場合に利用するのがこのテキストボックスです。ポケモン名を入れることで7つ目の選択肢として機能します。そのポケモンを倒したときの努力値も表示されるので、いちいち調べなくてもカウントすることができます。




 ポケットモンスターホワイト2 ポケットモンスターブラック2   ポケモン ブラック  ポケモン ホワイト

テーマ : ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ジャンル : ゲーム

プロフィール

NLR

Author:NLR
ポケモンBWのツールをC#で開発中です。
絵はたしなむ程度ですが描くことがあります。

最新記事
リンク
カテゴリ
Counter
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。